どこまで剃っていけばいいの?

自分で出来るところは全て

脱毛エステや医療機関で脱毛を始めた際、自己処理というのはどこまでしていけば良いのでしょうか。
一般的には、自分で処理できる箇所は全てしていった方が良いでしょう。マナーとしてもそうですし、エステや医療機関によっては、スタッフに処理をしてもらうことになると、別料金が発生してしまう場合があるのです。公式ホームページに記されていたり、最初のカウンセリングの際に伝えられますので、きちんと把握しておきましょう。
ただし、無理は禁物です。手の届かない箇所を無理に処理しようとすると怪我をしてしまいかねません。怪我をすると施術自体が出来なくなりますので気をつけましょう。背中やデリケートゾーンなど難易度の高い箇所については、無料で剃ってくれるとこところもあります。

自己処理をするための道具とは

では、自宅で処理をするためには、どのような道具を使えば良いのでしょうか。
まずは電気シェーバーです。脱毛エステや医療機関でもすすめられることが多いのですが、フェイスの無駄毛やデリケートゾーンの無駄毛も簡単に処理することが出来ます。電気量販店やドラッグストアなどで、比較的簡単に手に入れることが出来るのも人気の秘訣と言えます。
続いて、絶対に使用してはいけないのが一枚刃のカミソリと毛抜きです。カミソリは肌のうるおい成分や表皮までも削り取ってしまうので危険ですし、毛抜きは毛穴に刺激を与えることにより炎症を起こしてしまいますので、埋もれ毛や肌トラブルの原因になってしまいます。三枚刃以上のカミソリであれば問題ありませんが、多様は厳禁です。